印刷実例
HOME > 印刷実例 > ガラスへのシルク印刷

ガラスへのシルク印刷

店舗の窓ガラスに直接シルク印刷を施すことで、通行人への店舗コマーシャルになったり、外装代わりになったりするなど、用途の幅が広がります。

上野科学博物館の現場刷り

上野科学博物館の現場刷りです。
既設のガラスへの印刷で、ぐらつきをシッカリと押さえ、印刷がダブらないよう、慎重に印刷します


上野科学博物館の現場刷り

上記同様、上野科学博物館の現場刷り。更に絵柄も細かいため、ズレとインクの硬さに注意します。


一度乾かしてから二度刷りを施します

色数、大きさもあり、何版かに分けて印刷。絵柄を分けて印刷するため、つなぎ目が極力出ないように注意して印刷。オレンジのラインは、一回刷りだと透けるため、一度乾かしてから二度刷りを施します。


文字、ラインをシルクスクリーンにて重ね印刷

出力の上にシルク印刷を施した例。通常の出力では、白を表現することができないため、文字、ラインをシルクスクリーンにて重ねて印刷。


アクリル板へのシルク印刷ガラスへのシルク印刷

ページトップへ


株式会社オミノ
シルク印刷事業部
〒340-0811 埼玉県八潮市二丁目469-1
TEL 048-954-7726 FAX 048-954-7422